富山の観光で是非行ってみて欲しいと思うのは、五箇山合掌の里。結構これが田舎全開みたいな感じで(実際は行き過ぎた幻想だと思うけど)よそから来た人からは評判がいい。 若い子によく聞かれるのは富山県の無料出会い系サイトと富山市と礪波市のおすすめスポットだ。

富山でも出会いには皆苦労しているらしく、ああいうのって県民性があるみたいで溜まってる出会いサイトが違うらしい。まあ転勤できた人は観光だけではなく、出会い系も必ず聞いてくるな。そういう利用方法もひとつの手段だと思う。 今度聞いてきたのは、上司だ。

上司は九州から転勤してきてしかも単身赴任なので、そういう遊びもしたいという事だったが、家族が遊びに来た時に観光スポットにも連れて行きたいという欲張りなご要望。 まあ営業とかしつつ、地理や観光スポットは頭に入れていけばいいし、そう何度も来ないだろうから富山市ファミリーパークなんかを押さえておけばいけるだろう。 しかしアラフォーのオッサンなのに、そういう事も聞いてくるんだとなんだかにやりとした。この上司とはうまい酒が飲めそうだと思いつつ、この上司を利用した合コンなんてのも開いていいかもと思う位にはくだけている。

よかった。 まあそんな僕は、富山が好きだ。ずっとこっちに居るつもりだけど、もしかして上司みたいにいきなり転勤なんてことになるのかな。ずっとこのままで居たいけど、結婚したりすると単身赴任にさせられる可能性もある。そうなったら僕も同じようなことを言うかも知れないし、できればこの上司が九州に帰ってそこに僕がいくのでもいいんじゃないか(笑) この気が合う上司と仲良くやっていけばきっと俺も順調に出世できるかも知れない。 そんなことを思いながらも、僕もせっせと今日も出会い系で会った女の子とLINEのやりとりをしている。

そう、彼女という彼女は僕には今居ないのだ。だからこそこの上司の気持ちもわかる訳でして・・・。 結婚はまだだと思うけど、いつかは結婚したいからなあ。もちろん彼女は欲しいけど今スグに結婚したい訳ではない。そもそも結婚ってしないといけないものなのかな・という疑問はあるが社会的にしといた方がかなり都合がいいのだろう。

だからこそみんな結婚してるんだろうと思う。 まあね、子供とか考えるとお金もかかるし、早めがいいのかなあ?僕はもちろん奥さんにも仕事を続けて欲しい派!なんだけど、世の中は未だに専業主婦希望が多いよなあ。それが世の中と僕の違いだな。