40代からは、第二の人生について考えさせられる、ターニングポイントでもある時期です。
もしも40代で、今の仕事に疑問を持ち続けているのであれば、思い切って転職をしてみることも視野に入れるべきでしょう。
そんな転職先を探している方におすすめなのが、タクシー会社への転職です。

タクシー会社では、40代前後だったら、タクシー業界でも若いうちなので、転職してもとても大切に扱ってもらえます。
今までサラリーマンとして働いていて、年収が500万円以上を超えることができなかった方でも、タクシーの運転手の仕事であれば、頑張り次第で初年度からでも年収500万円を超えることは可能です。タクシードライバーの転職で成功するにはどうすればいいか?いくつかポイントをまとめてみました。

■タクシーの運転手の上手な稼ぎ方
タクシーの運転手の仕事は、サラリーマンみたいに稼ぐためには、毎日のように残業したり、取引先の接待で毎晩のように飲み歩かないといけないといった、必要はありません。
効率よく稼ぐことができれば、1日に数時間の勤務でも高い売り上げを上げることだって可能です。

●指名客の確保
タクシー運転手の上手な稼ぎ方としては、指名客をたくさんキープしておくことです。
例えば、毎日早朝の4時からテレビの収録があるというアナウンサーやテレビ局関係者の顧客がいたら、乗客が少ない朝方でも毎日コンスタンスに稼ぐことができます。

●遠方の顧客
飲み会が多くて、遠方にタクシーで帰らないといけないというサラリーマンの顧客を確保しておけば、1回の乗車で5千円、1万円と稼ぐこともできます。

●タクシーをチャーターする観光客の確保
観光客が1日タクシーをチャーターする契約を取ることができれば、1日に
英語や中国語、韓国語、タイ語など、語学力があったり、観光名所の案内ができる知識を身につけておくと、タクシーをチャーターする観光客の仕事にありつけるチャンスも、たくさん巡ってきます。
タクシーの運転手で売り上げを上げるためには、いかに待機時間をなくすか?がポイントなので、勤務中は出来る限り、空車で周っている時間を減らすことが大事なのです。

●子供や高齢者、障害者の顧客
子供の塾の送迎や、高齢者の買い物や通院、障害者の移動にも、タクシーがよく活用されています。
タクシーを利用する生活パターンが決まっている人も、大切な顧客としてたくさんゲットしておくと、効率よく売り上げを上げることができるので、タクシーに乗ってくれたお客さんには、必ず名刺を渡すようにすると良いでしょう。
タクシー会社への転職も、このようにコツをつかめば、すぐに稼げる方法がいくらでもあるので、是非検討してみて下さい。
タクシー業界では、特に人口が多い、東京や横浜、大阪などが稼ぎやすいようです。